日本農産物輸出組合

この度の東日本大震災により被災されました皆様には、心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

昭和28年設立、約半世紀以上の法人史を持つ当組合は大変長きに渡って、日本の戦後経済の復興と、また諸外国との関係構築並びに農産物輸出産業の発展に寄与して参りました。一方、1990年代に入り、市場が自由化されるとともに、民間企業による競争原理が働くなかで、新しい役目を帯びることになりました。特に、2000年代に入り、市況の動きが加速するなかで、その変化の激しい国際情勢のなか、市況に対応しながら、日本国内における農産物の輸出産業全体の底上げと、透明性且つ公開性の高い法人を目指して活動をして参ります。


ページトップへ戻る